串お好み焼

縁日のメニューの中でも特に人気が高いのがソース系の料理。

その中でもお好み焼は大人から子供まで喜ばれる最強フード。

これまで様々な縁日料理のアレンジメニューをご紹介してきた当コラムですが、今回はそんなお好み焼を片手で食べられる「串お好み焼」を作ってみました!

実はこのメニュー、浅草の浅草寺前で出店している「串もんじゃ」をヒントに作ってみたもの。もんじゃ焼きも美味しいですが、今回は成形をしやすいお好み焼で作りました。

それでは、早速レシピをご紹介していきます!

串お好み焼の材料

 

  <串お好み焼 4本分の材料>

  • お好み焼の粉 100g
  • 水 120cc
  • 卵 1個
  • キャベツ(みじん切り) 150g
  • ちくわ (5mm程度にカット)3本分
  • ソース
  • マヨネーズ
  • 紅生姜
  • 小エビ
  • 青のり
  • 割り箸

 

材料はスーパーですぐに手に入るものばかり。
基本的に通常のお好み焼をつくる際に用意するものでOKです。

今回は串の役割として割り箸を用意しました。
細い串だと持っている間に串から抜けてしまいそうになるので、割り箸くらいの太さのものがおすすめです。

串お好み焼の作り方

ほとんど通常のお好み焼に似ていますが、ちょっとしたコツを交えてご紹介していきます!

生地を作る

まずはベースの生地づくりから。

粉に水を入れて混ぜていきます。ここでは多少だまになっても気にしなくてOKです。
水分が多すぎると生地のまとまりが悪くなるので、きちんと分量を計るようにしましょう。

卵・具材を入れて混ぜる

ベースの生地がある程度混ざったら、キャベツ、ちくわ、卵を入れて混ぜ合わせます。

 

泡立て器だと混ぜにくいので、このタイミングでヘラなどに持ち替えるのがおすすめです。
しっかり全体がまとまるまで混ぜていきます。

生地を焼く

生地ができたら、早速焼いていきましょう。フライパンでもOkですが、今回はホットプレートを使用しました。

お子さんと一緒に作る場合は、テーブルの上で作業ができるのでホットプレートが便利です。

 

薄く油を引いたホットプレートに、生地をのせていきます。生地は丸くすることを意識して、直径6~7cm程度に。

 

生地はこんもりと山になるように意識して乗せると、あとで串を刺しやすくなります。

この状態で5~10分程度焼いていきます。焼き目を付けたい場合は様子を見ながら、更に長く焼いてもOKです!

片面が焼けたらひっくり返してさらに焼く

片側がやけたら、フライ返しでひっくり返します。

ギュッと押さずにこのまま更に5~10分焼きます。

焼き上がった生地に串をさす

生地が焼けました!お皿に移して、割り箸を刺していきます。

ソースやトッピングをのせて完成!

あとはお好みのソースやトッピングを乗せれば完成です!

ソースをボトルから直接かけるとかけすぎてしまい、持っている間にタレが手元に流れてきてしまう事もあるのでソースは写真のようにハケで塗るのがおすすめです。

この塗り方だと、より屋台感のある仕上がりになりますよ♪

続いてマヨネーズや紅生姜、青のりをトッピング!

華やかにしたい場合は、小エビもおすすめです…!

あっという間に完成しちゃいました!

串お好み焼でおうち縁日!

材料も作り方も手軽な串お好み焼きは、おしゃべりしながらのおやつタイムにもおすすめです!

もちろんお酒のツマミにもぴったり!ぜひ作ってみて、ビールと一緒に楽しんでくださいね。


この記事をシェアする

こちらの記事も読まれています

2020/11/30
材料はシンプル!おうちで作るフルーツ飴
画像:おみくじをひく男女
2020/12/18
ただの占いじゃなかった!?おみくじの歴史や意味
2024/01/31
リアルな鬼に遭遇!秩父神社の鬼やらい
2022/12/26
【2023年にお参りしたい!】うさぎに縁のある神社3選
2022/03/31
春を感じる♪甘酒スムージー
牛嶋神社神社のおみくじ
2021/09/29
東京おみくじパラダイス!? 牛嶋神社のおみくじがアツい